2018年1月26日 (金)

2018年 1月の撮影 (01月20日)

<りょうけん座>
NGC4244_光度:10.0等_視直径:15.9'×1.8'

久しぶりに城山公園で撮影しました。
バルジの膨らみが少ないエッジオン銀河ですね。

SE250N + バーダーコマコレ MPCC-MARKⅡ
EOS 6D_HKIR改造 iso3200 150秒×56枚

Ngc4244_dss_l_ns_1300


<かに座>
PK208.5+33.2(Abell30) を撮影してみました。
かに座δ星の真横。
M44からでも2.4°しか離れていません。
今回が初撮影なのですが、暗い!小っちゃい!!

GUIDE9.0の星図によると、
光度:15.6等 視直径:127.0" との事。

2時間足らずの露出では、撃沈でした。(-_-#)

SE250N + バーダーコマコレ MPCC-MARKⅡ
EOS 6D_HKIR改造 iso3200 150秒×42枚

2018_01_20_abll_n_1300

2018年1月20日 (土)

2018年 1月の撮影 (01月15日)

例年、1月って天気の良い日が多い気がするけれど、
今年はどうしたことか?曇りや雨が多い。

やっと晴れたと思ったら、透明度最悪で撮影出来る空じゃなし。
おまけに北広島にドカ!っと雪が積もったりするので、
晴れていても城山公園には行けず。。。
 
そんな中、やっと15日に晴れたので積雪の城山を避け、
久しぶりに大芝島へ足を伸ばしました。

現着すると、透明度は良くないけれど快晴。♪
いつも通り機材を組み上げ、さて極軸セッティング・・・
と言う所でパソコンを忘れたのに気づく。

が~ん!Σ(゚д゚lll) 
パソコンが無ければ正確なセッティングが出来ないばかりか、
撮影したかった彗星の位置も分からない。(>_<)

諦めて帰ろうか?と思ったけれど、久しぶりに来た大芝島。
星景写真だけでもと、撮ってみました。

Nanten_2_1300

対岸の
町明かりは豊島かな?
低空は雲があってカノープスは見えないけれど、上空は満天の星空でした。♪


Ooshiba_b_1300

海岸線を西に回り込み、
大芝大橋の下に来たので、橋と日周運動をパチリ。
それにしても、、、橋の外灯がなんと明るい事やら。

今回はパソコンを忘れると言う失態をしたので、
次回は忘れ物が無いようにしなければ・・・。f^_^;

2018年 1月の撮影 (01月01日)

2018年が始まりました。

昨年の元旦は山口県の海岸で初日の出を見たけれど、
今年は実家へ帰省したので、
実家前の道路から、スーパームーンをパチリ♪

重量機材を出すのが面倒だったので、
手持ちコンデジでの撮影です。f^_^;

CANON Power Shot SX50HS 75倍望遠
iso200 F8.0 1/320s 3枚コンポジット

2_1_s

2018年1月13日 (土)

2017年 12月の撮影 (12月22日)

ついに4日連続の晴れ。
恐らく、年内の撮影は最後になると考え、
睡眠不足になりながらも撮影地の城山公園へ・・・。

今回は、かなり小さな惑星状星雲、
うみへび座の NGC2610 を撮ってみました。

光度:14.5等 視直径:37.2秒(木星より少し小さい)
かなり拡大したけれど、やっぱ、小っちゃいわぁ。f^_^;

SE250N + バーダーコマコレ MPCC-MARKⅡ
EOS 6D_HKIR改造 iso320 150秒×37枚

Ngc2610_pln_1300


小さな惑星状星雲の撮影を終えてから、
南の空を見ると、からす座が南中近くに。。。

夜が明けるまで時間が少ないけれど、
久しぶりにソンブレロ星雲を狙ってみた。

SE250N + バーダーコマコレ MPCC-MARKⅡ
EOS 6D_HKIR改造 iso320 150秒×32枚

M104_1300

2017年 12月の撮影 (12月21日)

19日と20日に続き、この日も晴れ。
3連チャンになると疲れも出てきますが、
晴れていると出ないわけには行かず・・・なんちって。f^_^;

フルサイズのデジカメになったので、
25cmの1200mm直焦点で長時間撮影を敢行!
ちょっと派手目?に処理してみました。

SE250N + バーダーコマコレ MPCC-MARKⅡ
EOS 6D_HKIR改造 iso320 150秒×80枚(延3時間20分)

M45_n4n_2048_2

2017年 12月の撮影 (12月20日)

晴れる時って、こんなものでしょうか?
前日に続き、この日も晴れ。

この夜は、Abell24 と言う星雲を撮ってみました。
見た目、散光星雲のようですがれっきとした惑星状星雲です。

途中、何度も雲が通過したので70枚くらい撮影したのに、
28枚しか使えませんでした。(>_<)

SE250N + バーダーコマコレ MPCC-MARKⅡ
EOS 6D_HKIR改造 iso320 150秒×28枚

Abell24_lp_fc_n2_1300

2017年 12月の撮影 (12月19日)

12月に入ってからと言うもの、
11月の安定した天候から外れたのか?
天候不順が続き、やっと晴れたのは中旬を過ぎてからでした。

そんな久しぶりの夜に狙ったのは、
11月16日に撮影した、Abell33 の撮り増し。

けど、、まだまだ露出が足りてないなぁ。

SE250N + バーダーコマコレ MPCC-MARKⅡ
EOS 6D_HKIR改造 iso320 150秒×(44枚+26枚)

Abell_33_11161219_1300

2017年12月 9日 (土)

2017年 12月の撮影、では無く処理。

11月は晴れた日が多かったけれど、
今日 12月09日になっても、まともに晴れてくれません。(-_-#)

ってぇ事で、星空が見えない夜は画像処理の腕を磨こうと、
過去に撮影した被写体の中から、幾つかを処理し直してみました。

※ 今回は撮影データ等を割愛しています。

・りょうけん座 NGC4631

不規則銀河のように見えるけれど、
棒渦巻銀河なんだそうです。
 
2016_02_05_ngc4631_1200


・ヘルクレス座 M13
 
何も説明する必要がありませんね。
北天第一の球状星団です。(^^)

2017_01_03_m13_1200

・りょうけん座 M51
 
親子銀河の相性で有名な銀河です。
これまで何度となく撮影してきたけれど、
あっさりテイストのM51もいいかな?と。
 
2017_01_31_r__2_f_1200

  ・オリオン座 M42
 
M13以上に、良く撮影する星雲だけど、
なかなか思い通りにならないのも、M42星雲です。
今回は、かなり気合いを入れて処理しました。f^_^;
 
M42_tesnw_1200


・しし座 NGC2903
 
視直径が大きめなので、撮影しやすい被写体だけど、
大きく広がった外側の銀河腕は案外?写り難いようです。
 
Ngc2903_f_c_1200


・りょうけん座 NGC4449
 
不規則銀河ですが、長方形に見える形が面白いです。
もっと長焦点で狙ってみたい対象ですね。
 
Ngc4449_f_1200


りょうけん座 NGC5033

割と大きな銀河なんだけど思いの外、
銀河腕が淡いので初めて撮影した時は処理に苦労しました。f^_^;

Ngc5033_1200


・いっかくじゅう座 コーン星雲付近
 
複雑に絡み合う星雲と暗黒星雲の形が興味深い領域です。
時間が許すなら更に撮影枚数を増やして処理したいな。

_2048_hha_a1200
 

2017年12月 8日 (金)

2017年 11月の撮影 (11月27日)

11月の撮影は、この夜が最後になるのですが、
前月と違って晴れる日の多い月でした。♪

この日に撮影した被写体も21日に撮影した被写体より淡く、
超難物の惑星状星雲でした。

延べ3時間以上の露出を掛けたにも関わらず、
その姿を炙り出すのに無理な強調しまくりで、
や~っと姿が見えました。f^_^;

かに座 Abell31(光度:12.2等 視直径:16.26分)
 
SE250N + バーダーコマコレ MPCC-MARKⅡ
EOS 6D_HKIR改造 (iso3200 150秒×85枚)

Abell_31_1200

2017年 11月の撮影 (11月21日)

11月21日(火)。
これまで何度か撮影したものの、まったく写らなかった被写体があります。

やまねこ座 NGC2475(berson 1)と言う惑星状星雲です。
(光度:14.0等 視直径:378.0秒)
この星雲、惑星状星雲としては、視直径が大きい方だけど、
その分、超淡くて天体写真家の中でも難物とされているものです。

そんな被写体ですが、6Dの改造機なら写るかも?と、
久しぶりに撮影してみました。

SE250N + バーダーコマコレ MPCC-MARKⅡ
EOS 6D_HKIR改造 (iso3200 150秒×50枚)

Jonesemberson_1_1200

 
撮影の後半には薄雲が広がり、思うような露出が得られてない画像から、
無理矢理の強調処理をしているので、いま一つの写りですが、
とりあえず、その色・形をとらえる事ができました。

ちなみに・・・撮影した50枚の画像を、
DSSでコンポジットして出て来た画像は、こんな酷い物でした。
これのどこに星雲があるんでしょうね? f^_^;

Jonesemberson_1_1200_jp

«2017年 11月の撮影 (11月16日)