箒の部屋_Ⅰ

広島天文協会

無料ブログはココログ

2019年12月30日 (月)

<初冬の野鳥散策> 2019_12_15 本年最後。7度目の八幡高原へ。

例年、この時期の八幡高原は雪に埋もれているけれど、
やはり暖冬なのでしょうね。山の上以外は、雪のゆの字も無かったです。

この時期、八幡高原には冬鳥が飛来している頃なので、
何に出逢えるのか?楽しみにしつつ、散策を始めました。

最初に出逢ったのは、ヒレンジャク・キレンジャクの群れ。
この野鳥を見るのは初めてです。♪

Dscn2886

ヒレンジャクとキレンジャク。見た目の姿はソックリなのですが、
尻尾先端の色違いで見分ける事ができます。
こちらは、キレンジャク。

Photo_20191230223201

そして、こちらがヒレンジャク。

Photo_20191230223501

臥竜山では、イカルに出逢えました。♪

Photo_20191230223601

イカルを撮った後、臥竜山の上へ向けて走り出したけれど、
少し上がった所で雪! まだ、スタッドレスタイヤを掃いてなかったので、慌てて下山したのでした。f^_^;

Img_0292_stitch

森の中を散策していると、Miyukiが綺麗なキノコを発見!
苔の中にキノコが・・・珍しい光景でした。

Dscn2961

他にも「これなんだ?」みたいなのを見つけました。
とりあえず撮ってみて、帰宅してからFacebookの昆虫グループに投稿。
すると、「ウスダビガ」と言う、蛾の繭だと判明。 芸北は色んなのが見られるなぁ。

Dscn2957

他にも綺麗な赤い実。カンボクの実かなぁ?

Dscn2996

いろいろ楽しんだし、帰ろう~と走り出した所で「何かおるよ。」とMiyuki。
カメラを取り出して望遠でパチリ。 モズさんでした。♪

Dscn3001

今年も八幡高原は楽しませて貰いました。
来年は・・・春先になるかなぁ?

12月の撮影。 今年はこれで打ち止めかな?

・2019_12_04 しし座 NGC2903_光度:8.8等 視直径:12.0'×5.6'
SE250N + MPCC MARKⅡ
EOS 6D_HKIR改造 (iso3200 150秒×6枚)
いつもの城山で仮眠後、03時過ぎから露出を開始したけれど、
雲の通過が多く、6枚しか使えず・・・折角なので、処理してみました。

2019_12_04-ngc2903_p_2048_filtered

・2019_12_08 うみへび座 Abell33_光度:13.4等 視直径:270.0"
機材は上と同じ。(iso3200 90秒×72枚)
この惑星状星雲は2017年にも撮影していますが、もう少し何とか・・・と思い撮影。
でも、あまり代わり映えしないなぁ。

20172019_12_08-abell33_iso3200_90s_72cut

・2019_12_28 くじら座(通称:どくろ星雲) NGC246_光度:10.9等 視直径:3.75'
機材は上とおなじ。(iso1600 120秒×27枚)
この星雲は、南中高度が低いので城山では滅多に撮影しないけれど、
透明度が良さそうな空だったので撮ってみました。

2019_12_28-ngc246_2048

・2019_12_28 オリオン座 NGC1788
機材は上と同じ。(iso2500 120秒×57枚)
この領域は付近に赤い湾曲した星雲がある筈・・・? なんだけど、全く写らず。f^_^;
露出が足らないのと、私の腕が未熟なんでしょうね。

2019_12_28-ngc1788_2048

・2019_12_28 おおぐま座 NGC3938_光度:10.1等 視直径:5.0'
機材は上と同じ。(iso3200 150秒×47枚)
パッっと見、おおぐま座のM101に似ているフェイスオン銀河です。
が・・・M101の視直径は、28.3'なので1/5以下のサイズ。 案外、小さいです。(^^;)

2019_12_28-ngc3938_2048

・2019_12_28 おおぐま座 NGC3718_光度:10.6等 視直径:8.2'×3.5'
機材は上と同じ。(iso3200 150秒×25枚)
面白い形をした変形銀河です。今回は気合いを入れて60枚くらいの露出セットをして仮眠。Z...
しかし、仮眠から目覚めると半分以上が雲を撮っていました。涙。(>_<)

2019_12_28-ngc3718_2048

・2019_12_28 PANSTARRS(C/2017 T2)
機材は上と同じ。(iso6400 60秒×25枚)
この彗星、来年の5月4日頃が近日点の通過予定なので、
今後、どんどん明るさを増してくる予定です。
それにしても、5ヶ月前でも尾が綺麗! 楽しみです。♪

2019_12_28-panstarrs-c_2017-t2_2048

最後にオマケ。
11月に撮った馬頭星雲ですが、その部分だけを拡大してみました。♪
来年は、もっと綺麗に撮りたいなぁ。

2019_11_20

2019年12月 9日 (月)

<大野自然観察の森> 2019_12_08 野鳥観察会。

・大野自然観察の森で、無料の野鳥観察会があると言うので、
 妻と出かけてみました。♪(少し寝坊して、到着ギリギリ。(^^;))

「ホオジロ♂」 餌付けをしているので近くまで来てくれます。♪

1__20191209182301

「ホウジロ♀」 目が、とってもキュート!

2__20191209182401

「餌場に来た、ヤマガラ」

4_

「これも、ヤマガラ」撮影していたら、目が合ってしまって。(^^;)

3__

「少し遠くにいた、ミヤマホウジロ」 ここでは、ミヤマホウジロが良く見られるそうな。

5__20191209182901

「マガモ夫妻」 まだ、朝が早いのと寒いので寝ているんだとか。

6__20191209183101

「カルガモ♂」 こちらは独身でしょうか? f^_^;

7__20191209183201

「シンメトリーな風景」 とても綺麗だったのでパチリ。 長野の御射鹿池に似てない・・・か。(>_<)

8__20191209183301

「ヤブコウジの実」 一緒に野鳥観察していた方に名前を教えて戴きました。♪

9__20191209183501

「アシビ」 暖かい時期に咲く花なのに、季節を間違えたのでしょうか?

10__l

「ベニマンサク」 名前は良く聞くけれど、花を見るのは初めてでした。♪

12__20191209183801

「ハクセキレイ」 寒いからか?まん丸でした。 (^^ゞ

11__20191209183901

「手乗り、ヤマガラ」 施設の方が、参加者の子供を呼び寄せ手に餌を置くと・・・可愛い!!

13_

「ヤマガラ」 目の前の枝に留まってくれました。♪

14_

「カルガモ♀」 帰り道の河口で見かけたのでパチリ。

15__20191209184301

※ やっぱり、野鳥観察は楽しいです。♪
   次回の野鳥観察は、来年 1月12日とか。 また、大野自然観察の森へ行ってみようかな。
   休めたらの話だけど・・・。f^_^;



<本年最後の観望会>12月 7日 鈴が峰公民館にて。

先週末は、今年最後の観望会でした。
毎年、夏場の観望会が多いなか、この場所だけは12月なんですよねぇ。♪

街中なので暗い天体は望めませんが、
惑星やら月、アルビレオや織り姫星など・・・。参加者の喜ぶ顔を見ると嬉しくなります。(^^)

1_20191209181801

2019年12月 1日 (日)

11月の撮影。 その、3。

・2019_11_28 カシオペア座 Abell84_光度:14.4等 視直径:120.0"
SE250N + MPCC MARK Ⅱ
EOS 6D_HKIR改造 (iso3200 150秒×25枚)
久しぶりに暗いのを狙ってみました。
が、、、露出が少なすぎて、ノイジーですね。またいつか?狙ってみます。♪

2019_11_28-abeii84_

・2019_11_28 きりん座 NGC2146_光度:10.5等 視直径:5.7' × 3.3'
機材は上と同じ。 (iso3200 150秒×21枚)
面白そうな形状なので撮ってみましたが、これも露出不足ですねぇ。

2019_11_28-ngc2146_2048_l_nik

・2019_11_28 おおぐま座 NGC3675_光度:10.0等 視直径:6.2' × 3.6'
機材は上と同じ。 (iso3200 150秒×48枚)
もう少し、恒星雲が出ると思ったんだけどなぁ。チト解像力不足かな?

2019_11_28-ngc3675

・200019_11_28 パンスターズ彗星。
機材は上と同じ。 (iso3200 150秒×5枚)
来年、5月の近日点に向け順調に増光しているようです。 近日点通過頃が楽しみだなぁ。
ちなみに・・・この彗星、来年の1月28日頃にペルセウス座のhχに超接近します。(^^)/

2019_11_28-panstarrs-c2017-t2

・2019_11_30 いっかくじゅう座 コーン星雲。
機材は上と同じ。 (iso6400 90秒×61枚)
撮影中に薄雲が通過した為、輝星の周りが滲むこと・・・f^_^;

2019_11_30-_2048

2019_11_30 うお座 NGC660_光度:10.7等 視直径:8.0' × 2.9'
機材は上と同じ。 (iso6400 90秒×49枚)
X型の暗黒星雲が見える銀河なので狙ってみたけれど、
思ったより、写りが良くありません。腕が悪いのかな? (^^ゞ

2019_11_30-ngc6607_2048

※ 11月の撮影は、これで終了。 今年も、あと1ヶ月だけど、1年がアッっと言う間です。

 

2019年11月22日 (金)

11月の撮影。 その、2。

・2019_11_20 ISS(国際宇宙ステーション)と広島城
※net情報を見ると、issと広島城が撮れそうなので仕事終わりに出かけてみました。♪

Iss_2048

・2019_11_20 おりおん座 馬頭星雲付近
SE250N + MPCC MARK Ⅱ
EOS 6D_HKIR改造 (iso1600 150秒×75枚)
※ISS撮影から帰宅し夕食後、いつもの城山公園へ。。。
 月が出るまでの撮影でした。

2019_11_20__2048_pp

・2019_11_21 20日に続き、市内でISS撮影。ISSと原爆ドーム
※この日も夕暮れ時に撮れそうだったの、今回は原爆ドーム前の相生橋からパチリ。

Iss_2048_20191122170201

・2019_11_21 ケフェウス座 NGC7538
SE250N + MPCC MARK Ⅱ
EOS 6D_HKIR改造 (iso3200 150秒×75枚)
※位置的には、カシオペア座との境界線付近にある小さな散光星雲で、
 すぐ横に、カシオペア座のM52やバブル星雲があります。

2019_11_21-ngc7538_l_nikp_sd_2048

・2019_11_21 たまにはカメラの標準レンズで、オリオン座
※シャッターをセットして、ちょっと休憩のつもりで車内に入ったら、
 横になった途端、寝てしまい レンズには夜露が・・・f^_^; ま、こんなのもアリかな?

_2048

11月の撮影。やっと、掲載時期が追いつきました。(^^ゞ

・2019_11_01 ふたご座 Abell 21(メデューサ星雲)
SE250N + MPCC MARK Ⅱ
EOS 6D_HKIR改造 (iso3200 150秒×54枚)
※この星雲は、たしか?2017年にも撮影しています。
 たま~に、天文雑誌でも見かけますよね。

2019_11_01-abell-21_l_sd_2048p

・2019_11_01 ろ座 NGC1365_光度:9.5等 視直径:11.0'×6.2'
機材は上と同じ。(iso1600 150秒×8枚)
※ろ座の天体は赤緯が低いので滅多に撮りませんが、
 この夜は透明度が良かったので撮影を始めたところ、すぐに雲が来てしまい、
 たった、8枚でおわっちゃいました。f^_^; いつか?リベンジですね。

2019_11_01-ngc1365_2048

・2019_11_01 きりん座 NGC2336_光度:10.3等 視直径:6.8'×3.7'
機材は上と同じ。(iso3200 150秒×67枚)167.5分露出
※2時間半ほどの露出が出来て、良さげなイメージを取得したので思い切って強拡大!
 このくらい大きくすると見栄えがしますね。

2019_11_01-ngc2336_ll_2048

・2019_11_05 おおぐま座 IC2574_光度:10.2等 視直径:12.9'×5.3'
機材は上と同じ。(iso3200 150秒×74枚)
※視直径がほどほどに大きく、露出枚数も多いのにピリッっとしません。(^^ゞ
 空の透明度が悪かったからかなぁ?

2019_11_05-ic2547_l_sd_2048

・2019_11_05 ろ座 NGC1097(セイファート銀河)_光度:9.5等 視直径:9.4'×6.6'
機材は上と同じ。(iso1600 120秒×45枚)
※ろ座の低空銀河なので、isoを1600とし120秒露出/枚に押えて撮影しましたが、
 やはり低空被写体の撮影はイメージが弱々しくなってしまいます。

Ngc1097_nik_2048

 

2019年11月20日 (水)

<秋を探しに。。。> 10月27日_今年、6度目の八幡高原へ。

そろそろ紅葉が見頃かな?と、今季 6度目の八幡高原散策へ行きました。♪
が、しかし・・・既に紅葉は終わりつつあり、道に枯葉が舞うばかり。(^^;)

1_20191120072601

それでも臥竜山から八幡高原に場所を変えて散策すると、
色んな場所で秋色を目にする事ができました。
この赤い実。何の実か分りませんが、とにかく綺麗でした。♪

6_20191120072601

この赤い実も名前分らず。
でも、良く熟していて美味しそうだったのでチョットだけ口にしたら
ちょ~渋くて酸っぱくて食えた物じゃ無かったです。(鳥も食わない訳だ。笑)

6_1

直径1cm弱?の、黒っぽい実。 なんでしょうね。?

6_3

こちらは湿原木道沿いにあった、真っ青な実。 日の光を浴びて、とても綺麗でした。♪

6_2_20191120072701

これ、なんですかね? 上に掲載した実は何度か見た事あるけれど、
初めて見る実でした。(^^;)

6_4

最近、気にし始めたキノコ類。 名前分らずだけど、可愛い。♪

7_2_20191120072701

ブナ大木の根っこ付近に出ていました。

7_1

ん~、テング類に似てるので、毒ありかなぁ?

7_3

丸っこいキノコ。ホコリタケの幼生でしょうか。
1つ採って割ってみたら、中はきめ細かいスポンジみたいです。

8_20191120072701

形が上のキノコに似ているので、上のが成熟してきてるのかも?

9_20191120072701

綺麗なんだけど、なんか、毒っぽいなぁ。笑

10

右の白いのもキノコかな? 左の卵みたいなのは、直径が7~8mmと言うサイズでした。

12_20191120072701

サルノコシカケにしては、カラフル。♪ はて、なんだろう?

11_20191120072701

苔むした枯木から生えていました。かわいい!

13_20191120072801

不思議な植物?が多いなぁ。

14_20191120072801

何年か前にも遭遇した事のある生き物。
Facebookのキノコグループに聞くと、イオウゴケだと教えて下さいました。♪

15_20191120072801

八幡湿原の木道道。夏の新緑から葉が落ち始め、枯れ木道になりつつあります。

22_20191120072801

この花を知っている方は多い筈。 毒のある花として有名な、トリカブトの花です。
花だけ見ると綺麗なんですけどねぇ。

23_20191120072801

え~と、、なんだっけ?忘れました。 バキッ!!☆/(x_x)

21_20191120072801

まだ、アキノキリンソウが咲いていました。♪

24_20191120072801

この日、出逢った野鳥。 ヤマガラさん。

25_20191120072801

背景の葉っぱに同化していた、メジロさん。

26_20191120072901

かなり遠くの林に居たのを超望遠でパチリ。 コゲラさんです。

27_20191120072901

翅の無いバッタを撮ったら、おしりのディティールが面白くて。(^^;) まるで、顔!

28_

こちらは綺麗なフォルムのカメムシさん。

29_20191120072901

雪が来るまでに、もう一度 八幡高原へ行ってみようかな。♪   

<恒例の栗拾い>10月14日_豊平

毎年、この時期になると「栗きんとん」を作るための材料を仕入れるため豊平へ向かいます。
と言う事で今年も美味しそうな栗をGet出来ました。♪

1_20191120071501

栗が落ちている場所は、こんな感じです。
けっこうな数の栗が、コロコロ。(^^)

2_20191120071601

栗拾いを終えて車に戻る途中、見た事のない蛾に気づきパチリ。
Facebookの昆虫グループに投稿すると、名前を教えて下さいました。♪

3_20191120071801

栗拾いの場所から、「どんぐり村」までは近いのでチョット立ち寄ると、
可愛いハクセキレイに遭遇。♪ ♡ らっき~。(^^)

6_20191120072001





2019年11月19日 (火)

<高陽町 夕景> 綺麗な夕暮れ時でした。

 10月27日の夕暮れ時。この日は南の空にISS通過が見られる筈でした。
近所の太田川にある高瀬堰を前景にして・・・と、
カメラをセットして待っていると、狙っている範囲のずっと上をISSが通過。
選ぶレンズを誤ったようです。笑 f^_^;

2019_10_13

«10月の撮影。その、4。(^^)/