箒の部屋_Ⅰ

広島天文協会

無料ブログはココログ

« <大野自然観察の森> 2019_12_08 野鳥観察会。 | トップページ | <初冬の野鳥散策> 2019_12_15 本年最後。7度目の八幡高原へ。 »

2019年12月30日 (月)

12月の撮影。 今年はこれで打ち止めかな?

・2019_12_04 しし座 NGC2903_光度:8.8等 視直径:12.0'×5.6'
SE250N + MPCC MARKⅡ
EOS 6D_HKIR改造 (iso3200 150秒×6枚)
いつもの城山で仮眠後、03時過ぎから露出を開始したけれど、
雲の通過が多く、6枚しか使えず・・・折角なので、処理してみました。

2019_12_04-ngc2903_p_2048_filtered

・2019_12_08 うみへび座 Abell33_光度:13.4等 視直径:270.0"
機材は上と同じ。(iso3200 90秒×72枚)
この惑星状星雲は2017年にも撮影していますが、もう少し何とか・・・と思い撮影。
でも、あまり代わり映えしないなぁ。

20172019_12_08-abell33_iso3200_90s_72cut

・2019_12_28 くじら座(通称:どくろ星雲) NGC246_光度:10.9等 視直径:3.75'
機材は上とおなじ。(iso1600 120秒×27枚)
この星雲は、南中高度が低いので城山では滅多に撮影しないけれど、
透明度が良さそうな空だったので撮ってみました。

2019_12_28-ngc246_2048

・2019_12_28 オリオン座 NGC1788
機材は上と同じ。(iso2500 120秒×57枚)
この領域は付近に赤い湾曲した星雲がある筈・・・? なんだけど、全く写らず。f^_^;
露出が足らないのと、私の腕が未熟なんでしょうね。

2019_12_28-ngc1788_2048

・2019_12_28 おおぐま座 NGC3938_光度:10.1等 視直径:5.0'
機材は上と同じ。(iso3200 150秒×47枚)
パッっと見、おおぐま座のM101に似ているフェイスオン銀河です。
が・・・M101の視直径は、28.3'なので1/5以下のサイズ。 案外、小さいです。(^^;)

2019_12_28-ngc3938_2048

・2019_12_28 おおぐま座 NGC3718_光度:10.6等 視直径:8.2'×3.5'
機材は上と同じ。(iso3200 150秒×25枚)
面白い形をした変形銀河です。今回は気合いを入れて60枚くらいの露出セットをして仮眠。Z...
しかし、仮眠から目覚めると半分以上が雲を撮っていました。涙。(>_<)

2019_12_28-ngc3718_2048

・2019_12_28 PANSTARRS(C/2017 T2)
機材は上と同じ。(iso6400 60秒×25枚)
この彗星、来年の5月4日頃が近日点の通過予定なので、
今後、どんどん明るさを増してくる予定です。
それにしても、5ヶ月前でも尾が綺麗! 楽しみです。♪

2019_12_28-panstarrs-c_2017-t2_2048

最後にオマケ。
11月に撮った馬頭星雲ですが、その部分だけを拡大してみました。♪
来年は、もっと綺麗に撮りたいなぁ。

2019_11_20

« <大野自然観察の森> 2019_12_08 野鳥観察会。 | トップページ | <初冬の野鳥散策> 2019_12_15 本年最後。7度目の八幡高原へ。 »

天体写真 色々・・・」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« <大野自然観察の森> 2019_12_08 野鳥観察会。 | トップページ | <初冬の野鳥散策> 2019_12_15 本年最後。7度目の八幡高原へ。 »